51Og6KyncUL._SX349_BO1,204,203,200_

日向坂46

佐々木久美
表紙・グラビア・インタビュー(21p)



◆基本情報

BIG ONE GIRLS NO.055

出版社:近代映画社

発売日:2020年1月31日

判型:A4サイズ

付録:ポスター

定価:1,300円+税

総登場ページ数:21ページ

コスパ:61.9円/1p 非常に悪い





◆レビュー

日向坂46の我らがキャプテンである佐々木久美さんが単独で登場しています。

そしてグラビアとインタビューがともに充実している一冊です。



まずはグラビアの話から。

衣装は3パターンで、表紙でも着ている紺色のドレスっぽいワンピース、そしてノースリーブとショートパンツの露出多めの服装、最後はジャケットとロングスカートのちょっと大人な印象の服でした。

なかでもワンピース姿の一枚がキャプテンのスタイルの良さを際立たせていました。

キレイとか美しいといった言葉が似合う一枚でした。



次にインタビュー。

ロング・インタビューとあるように、けっこう小さい文字で4ページほどの分量があります。

前半はテーマを決めての話で、「野球」や「トランペット」などについて。

そして後半はグループの活動についての話。

こちらが本編と言ってよい部分で、日向坂46激動の2019年のうれしかったこと、悲しかったことなどを回顧しています。

これを読んでいると、本当にキャプテンの『日向坂へ会いましょう』への愛を感じます。

番組のファンにはぜひ読んでもらいたいです。



◆おススメ度

★★☆

本誌のマイナスポイントはやはりコスパです。

キャプテンだけの登場なので、ページ当たりの単価は60円以上ですし、そもそも定価は本体だけで1,300円(税別)です。

そこがネックに感じましたが、紙質も非常に良いので個人的にはおススメしたい一冊です。

あと、書いていて思いましたが、どうやら私はキャプテンがけっこう好きみたいです(^^)

箱推し発言は撤回して、キャプテン推しになるかもしれません(^^ゞ