5171HvMKPJL._SX406_BO1,204,203,200_

日向坂46

小坂菜緒
表紙・グラビア・インタビュー(16p)

東村芽依&河田陽菜&松田好花
グラビア・インタビュー(10p)



◆基本情報

BOMB(ボム) 2020年2月号

出版社:学研プラス

発売日:2020年1月9日

判型:AB判

付録:ポスター・ポストカード

定価:998円+税

総登場ページ数:26ページ

コスパ:38.4円/1p やや悪い





◆レビュー

日向坂46出演のドラマ『DASADA』の放送開始に合わせた特集です。



まずはドラマの主役を務め、デビュー以来センターを務めているこさかなのグラビアです。

BOMB得意のキャミソール・ショートパンツの露出多めのスタイルはもちろん今号にもあります(^^)

こさかなが持つ独特の透明感が伝わってくるグラビアでした。



そしてダッフルコートをまとったハイソックスの制服姿の撮影もありました。

こんな女子高生とすれちがったとしたら、思わず二度見、三度見するレベルの美少女っぷりです(笑)

この屋外の撮影はどこかで見たことのある風景だったので少し調べてみました

すると、多摩川にかかっているガス橋(東京都大田区)付近だとわかりました。

一方の屋内の撮影は、お正月をイメージしていて、お餅を焼いたり、こたつに入ってみたり。

こさかなの素の表情が感じ取れるグラビアでした。



インタビューは『DASADA』の撮影現場の裏話が中心です。

ここでこさかなは「大前提として“アイドル”というのが私の中にある」と言い切っており、俳優よりもアイドルへの強いこだわりを感じます。



これに続くのが、『DASADA』劇中のユニット「FACTORY」の三人組のグラビアです。

背景にはフジテレビの社屋やレインボーブリッジが写りこんでいるので、芝浦ふ頭(東京都港区)あたりでの撮影だとわかりました。

そして屋内の撮影では、これまたBOMB得意の容赦のない薄着姿です。

はっきり言って、だーこのが爆発していました(爆)



インタビューでの注目は、やはりというか何というか、KAWADAさんの不思議トークです。

バスの運転免許を取ってメンバーを乗せてツアーしたいとのこと。

めいめいに「コワいよ~」と突っこまれていました(^^)



◆おススメ度

★★☆

コスパ的にはやや割高ですが、やはり「BOMBスタイル」とでも言うべきキャミソール・ショートパンツは最高です(^^)

推しメンが登場しているならば、まちがいなく買いだと思います。